« 粘土ホイップ&シリコンホイップ☆★その1★☆ | トップページ | 旅日記★ »

2009年9月11日 (金)

粘土ホイップ&シリコンホイップ☆★その2★☆

本日は、前回の予告通りシリコンクリームの絞り方を紹介しますnotes

前記事と重複しますが、一応説明しておきますね☆

ナフコ(全国共通かしら??)などのホームセンターに売っていて、ガラスやサッシの目地のシールに使う業務用のものです。ちなみに値段は¥400~800くらいで、コーキングガンという器具(写真上のグレーのもの¥400~¥500くらい))がないと使用できません。

私が使用しているものはセメダイン社製のセメダイン8020のホワイトです。色も他に、アイボリー・クリア・グレーなどがありますが、まだ使用したことはありません。

最近はずっとこのセメダイン8020のホワイトばかりを使用しています。これは臭いもそんなに気にならないからです☆まぁ、臭いのは臭いですけど。。。以前使ってた物(ちょっと安めの)は、まぁ~臭い臭い!!それに比べるとマシかな??くらいな感じです♪

シリコンは硬化中にメチルエチルケトオキシム(舌噛みそうcoldsweats01)を発生させ、健康を害する恐れがあるので、使用時・乾燥時には十分な換気を行ってください。と取扱い説明書に記載があります。ので、お子様や妊婦さんなどにはあまりおすすめできませんねsweat01

少量で短時間ならよいかもしれませんが。。。。。chick

(拡大すると大きくなります)

こんな感じでガンにシリコンをセットし、市販のクリーム絞りに押し出します。

こんな感じで好きな物にデコしてください☆

また着色には、油絵具やスタンプインクの顔料を使用します。色を変えることでイチゴやチョコなどの色を表現することが可能です。

ただ、シリコンにはニスを塗れないので、とってもホコリが付きやすいのが難点ですsweat01

苦し紛れですが、シリコンのホコリ対策もサイドバーの作り方カテゴリの中に記載していますのでよかったらどうぞ☆

余ったシリコンの保管方法はシリコンを絞り袋から少し出した状態でラップにくるみ(私はいつも2重にします)、保存袋に入れます。

そうすると次回使う時に、この飛び出た部分をひっぱると硬化した部分が栓のようになっていて、ポンっと取れてスムーズに使用できます。

保存期間は季節にもよりますが、だいたい2~3週間です。(シリコンは日にちが経つと着々と硬化していくので、この厳重な保存状態でも、口金部分と後ろの部分は硬化しています)

できることなら一度に使い切ったほうが良いですねhappy01

いつも応援ありがとうございます!ランキングに参加中です。役に立ったよ~goodなんて思っていただきましたら、ポチッとクリックしていただくと嬉しいですheart04↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへ

|

« 粘土ホイップ&シリコンホイップ☆★その1★☆ | トップページ | 旅日記★ »

作り方」カテゴリの記事

コメント

I had a desire to make my own business, nevertheless I didn't have got enough amount of money to do that. Thank goodness my colleague advised to utilize the credit loans. So I received the secured loan and realized my dream.

投稿: Laverne28Nunez | 2012年5月17日 (木) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118387/31320336

この記事へのトラックバック一覧です: 粘土ホイップ&シリコンホイップ☆★その2★☆:

« 粘土ホイップ&シリコンホイップ☆★その1★☆ | トップページ | 旅日記★ »